もう悩まない!会社の人間関係

会社の人間関係は時にむごい

子どもの頃、友達に“無視”されたという経験はありませんか?
学校へ行っても、仲の良い友達すら目を合わせようとしてくれない。
みんなが楽しそうに遊んでいる中、たった一人、
教室でじっと時間が過ぎるのを待っている…。

 

子どもの人間関係は、時に残酷なものです。
しかし、無視したり、されたり…といったトラブルは
子どもに限ったことではありません。
大人の世界でも、同様のことが起こり得ます。

 

例えば、会社内の人間関係。
気に入らない部下をあからさまに無視したり、
なんとなくなじめずにいる同僚をさりげなく無視したり…。
こんなトラブルは意外と多いもの。

 

無視されてしまっては、業務上の報告・連絡・相談もしにくくなってしまいます。
結果的に仕事にも支障が出てくるでしょうし、最悪の場合は
心身のバランスを崩して休職や退職に追い込まれてしまうケースもあります。

 

毎日、一日の大半を過ごす場所ですから、
会社で無視されるのは精神的にもかなりこたえるハズ。

 

会社の人間関係でつまずいてしまう場合、
あなた自身に明らかな原因がある場合もあれば、
単なる相手の“気分”で無視されている可能性もあるでしょう。

 

まずは次のようなステップで、
現状を変える努力をしてみてはいかがでしょうか。

相手に歩み寄ってみる

自分を無視している相手なんて、できればこちらからは関わりたくないものです。

 

しかし、自覚のある・ナシに関わらず、ひょっとしたら
あなたがその相手に対して何か失礼なことをしてしまったのかもしれません。
無視されているからといってこちらも相手を避けるのではなく、
むしろ積極的に歩み寄ってみてはいかがでしょうか。

 

会社内の人間関係に限らず、人間関係のトラブルは
逃げ回れば逃げ回るほど取り返しがつかなくなることが多いものです。
笑顔で挨拶をしてみたり、積極的に報告・連絡・相談の機会を設けるなど、
ごく基本的なことで構いません。
とにかく、“ダメ元”覚悟でコミュニケーションを取ることです。

 

集団無視には“中立”が一番

誰か特定の人だけではなくグループ単位で無視されている場合は、
そんな人間関係なら、いっそこちらからも無視してやる!
…と覚悟するのも一つの手です。

 

人間関係のゴタゴタには関わりたくない、仕事に集中したい!
…ということであれば、そうすれば良いのです。

 

あくまで「仕事」と割り切って、
コミュニケーションは仕事に関することだけ!
会社で人間関係をゴタゴタさせるような人達のことは
「プロ意識のない人たち」と考えて、あなたはあなたの道を行きましょう。

 

嫌われてもしかたがない。群れるよりも仕事を完璧にこなそう
会社の人間関係なんてこんなもの
…と割り切れると気持ちがグッと楽になりますし、
あなたを無視している人たちも自分たちの子どもっぽい行動が
バカらしく思えてくるハズです。

徹底抗戦する!

どうして自分が無視されているのか、納得がいかない!
納得がいかないと仕事も手に着かない!

 

…そんな場合は、自分を無視している人たちに対して
真正面から立ち向かってみるというのも一つの選択肢です。
ますます人間関係を悪化させてしまう可能性もあるので、
ちょっとハイリスクな解決策ではありますが…。

 

「なぜ自分を無視するのか」
「自分は納得ができない」
「無視されることでどれだけ仕事に悪影響が出るか」ということを、
相手や上司にぶつけてみるのです。

 

ちなみに、もし、パワハラやセクハラのような扱いを受けている場合なら、
法律を持ち出して抗議することも可能です☆

関連記事