もう悩まない!会社の人間関係

誰に相談するか?

派遣先にもよりますが、日常的な業務をこなしていく中では
派遣・正社員の隔てを感じない会社がほとんど。
もちろん、福利厚生や研修制度、残業規定など細々とした部分を見て行けば、
派遣と正社員はくっきり線引きされているのですが…。

 

仕事自体は同じ場所で同じ時間帯にしているわけですから、
派遣先の上司との人間関係で悩むこともあるでしょう。

 

中には、
「派遣=辞めてもすぐに交換できる→こき使って使いつぶしても大丈夫」
というとんでもない認識の人が指揮命令者になっているケースもあるようです。
そのため、契約書にはなかった不毛な雑用ばかりを延々とやらされたり、
正社員が帰った後も残業をさせられたり、
性的ないやがらせを受けたり…と、
派遣先で人間関係のトラブルに遭う人も多いといいます。

 

では、もし、派遣先の会社で人間関係のトラブルに巻き込まれてしまった場合、
どこに相談すれば良いのでしょうか?

 

ここで登場するのが、派遣会社の担当営業やコーディネーターです。
あなたが派遣先会社で働きやすい環境を整えるのも彼らの仕事。
あなたが働いたお金からマージンをもらっているのですから、
派遣会社が責任を持つのは当然のことです。
遠慮する必要はありません。

 

ただ、新卒で派遣会社の営業になる人も多いので、
頼りにならない営業も多いでしょう。
辞めたいのに辞めさせてもらえないという事態にもなりかねません。

 

そんな時は、思い切って派遣先の会社の責任者に相談してみましょう。

提案してみるという手もある!

派遣会社が頼りにならない場合、
派遣先の会社の責任者に相談するという手もあります。

 

しかし、この際、
「本当は先に派遣会社に相談すべきなのですが」
…と前置きするのを忘れずに!

 

契約についての交渉はあくまで
派遣会社と派遣先の会社との間で行われることに決まっていますので、
このルールを犯した場合はそれなりのお咎めがあるハズです。

 

3者(本人・派遣会社・派遣先の会社)の人間関係が
ギクシャクする可能性もありますので、
発言は言葉を選んで。あくまでも、
「我慢できなかったので、先に相談した」
「長くここで働きたいからこそ、相談したい」
という姿勢を見せることがポイントです。
(※派遣会社には内密にしてもらえるよう、口止めをしておくのも忘れずに)

 

また、この際に大切なのは、
「上司を変えてもらえませんか?」
「部署を変えてもらったほうが、自分の専門に合っていると思うのですが」
といった具合に“提案する”こと。
単に「ついていけない」「もう辞めたい」を繰り返すばかりだと
相手の心証を害する可能性がありますが、
「自分はここで働いていきたんだ」という気持ちをアピールすれば、
相手もそれなりの策を講じてくれるハズです。

契約期間中でも辞められる

派遣で働いている方の多くは、
「3カ月の契約を更新してしまったら、その期間中は辞められない」
と思っているようです。

 

しかし、精神的、肉体的にどうしても耐えられない場合には、
契約期間中でも辞めることが可能!
派遣会社にとっては、派遣先の会社との関係上、
できるだけ途中棄権はして欲しくないものでしょうが、
本人が病気になってしまってからでは手遅れなのです。

 

眠れない、食欲がない、仕事にどうしても集中できない…等、
自分に胃変を感じた場合はすぐに相談することです。

 

派遣先の会社や派遣会社担当者との人間関係を気にして
我慢する人も多いようですが、
一番大切なのはあなた自身の心と身体。
会社の人間関係で人生を棒に振るなんて、もったいないですよ…。

関連記事