もう悩まない!会社の人間関係

会社員は、常に努力あるのみ!

会社では、次にどんなチャンスが巡ってくるか分かりません。
ひょっとしたら、いきなり海外の顧客を任されることになるかもしれませんし、
全く新しい分野の担当を命じられることだってあり得ます。

 

そうなると、英語を使って仕事をしなければならなくなるかもしれませんし、
合格率の低い難関資格を取得しなければならなくなるかもしれません。

 

会社員は、常に努力あるのみ!今の能力に満足せず、もっと能力を高めて
会社の役に立つ人間になろうと努めることが求められます。

 

会社で成功する人は、こういった努力を怠らないもの。
だからこそ、部下や上司にも信頼され、
会社内の人間関係も円満に保つことができるのです。

 

あなたが「なんでアイツばかり上司にかわいがられるんだろう」と思っている相手は、
前向きに努力して能力を高めようとしている人なのでしょう。
人を見る目がある上司は、こういった努力に気づくものです。

 

自分を認めてもらいたいと思うならば、努力して能力を高めることです。
仕事がデキて結果を残すことができればこそ、上司には評価され、
部下には尊敬されて会社の人間関係もうまくいくというものです。

思い立ったらすぐ行動!

能力が高く、かつ人間関係もうまくやれる人は、
自分の隠れた努力をベラベラと口に出したりはしないもの。
一見、「あの人はなんでもできてスゴイな」と思わせる
スマートなテクニックが鍵です。

 

そのためには、思い立ったことはすぐに行動に移すこと!
「できるだろうか」「どうしようかな」と迷っている時間にも、
ビジネスの世界はめまぐるしく変化しています。

 

この変化に柔軟に対応していくためには、
「やってみようかな」と思ったことは即行動に移すことです。

 

「これはどうでしょうか」
「この案はどうでしょうか」
「これにチャレンジしてみたいんです」
と、積極的にアピールできる人は上司からも頼りにされます。

 

会社のプロジェクトもあなた自身も、
実際に挑戦してみなければうまくいくかどうかは分かりません。
怖がって委縮している人には、上司だって安心して任せられないハズ。

 

上司の不安を取り除くには、兎にも角にも能力を磨くことです。
「安心して任せられる」という信頼を得られれば、
会社での人間関係もやりやすくなるでしょう。

 

極端なことを言えば、仕事がデキれば
人間関係なんてそんなに怖くないハズなのです。
自分の能力に自信が持てない、自分の仕事に自信が持てないからこそ、
相手の目が気になりますし、人間関係においても
相手の立場に立って考える余裕がなくなるのです。

「不言実行」の人は信頼される

自信があっても、言うだけで行動しないタイプはもってのほか!
いわゆる、口だけで何もしないというタイプです。

 

これでは上司や部下の信頼を裏切ることにもなり、
会社の人間関係もうまくいかなくなってしまいます。

 

信頼されるポイントは、口より手を動かすということ。
会社の利益になるような確かな結果を残してこそ、
真の意味で“能力のある人”と言えるでしょう。

 

もちろん、結果に至るプロセスも大切ですが、会社と言う組織には
「プロセスよりも結果重視」というシビアな面があることも否めません。

 

会社の人間関係で委縮しないためには、
とにかく誰も文句が言えないような“結果”を出しましょう!

 

「口下手で人間関係が苦手が」「不器用で、人づきあいが苦手」
という人ならなおさら、仕事で認めてもらえるように努力を続けなければ
道は開けないのです。

関連記事