もう悩まない!会社の人間関係

人間関係を制する者は会社を制する!

弱肉強食の競争社会。
会社での地位を確立するためには、人間関係もおろそかにはできません。

 

仕事のレベルは互角だったハズなのに、
会社での人間関係を軽んじたことが原因でライバルに出し抜かれた…

 

こんなケースはよくある話。
どんなお偉いさんにも“心”があるわけですから、
「最後はハートで勝負!」という部分もあるのです。

 

会社を制するだけの覚悟があるなら、
まずは人間関係の問題をクリアにしましょう。

成功するためには会社の人間関係を利用せよ!
会社で成功できる人と、そうでない人の差は、会議を見れば歴然!例えば、AさんとBさんが全く同じ発言をしたとしても、周りの反応は180度違う場合があります。Aさんの発言に対しては、同僚も否定的であるケースが多く、上司もなかなかGOサインを出してくれません。しかし、Bさんの意見に対してはみんなが好意的!全く同じ内容のことを提案しているのに、これほどまでに差が開いてしまう原因は一体なんなのでしょうか?それは…ズバリ、“人間関係”。仕事がデキる人、会社で成功できる人は、会社内での人間関係を上手に利用できる...
会社での失敗…。人間関係で汚名返上!
会社に入ったばかりの頃は、誰でも右も左も分からない状態。言われたことを素直に受け取って、とにかく日々の仕事をこなすことに精いっぱいの状態でしょう。しかし2年、3年と経つうちに、仕事や会社にも慣れ、自分に自信が出てきます。「上司はああ言っていたけど、こうした方が良いんじゃないか」「正直、自分はあの先輩よりも仕事ができると思う」…と、自分なりの意見や自信を持つことができるようになるでしょう。実は、会社の人間関係で失敗しがちなのもこの時期。上司や先輩に対してついついなれなれしい態度を取ってしまいがちな...
会社の人間関係をプラス志向にするコツ
“会社の人間関係”と言うと、ともすれば「嫌な上司の顔を見るのが嫌だ」「会社の雰囲気になじめない」「会社に行きたくない」…などとマイナスの要素ばかりを思い浮かべるかもしれません。しかし、会社の人間関係は学ぶところも多いハズ。自分にとってプラスの面もあるのです。例えば、自分には考えもつかなかったアイデアを提案する人もいるでしょうし、自分がまったく触れたことのない世界観を持っている人もいるのでは?「自分はこんなに会社に尽くせないな…」「自分はここまで頑張れないな」「自分だったらこんな冷静な対応はできな...
“報告下手”は会社の人間関係で損をする
会社での人間関係を円満に保つために欠かせないのが、報告・連絡・相談=いわゆる“報連相”の徹底。みなさんは、きちんとできていますか?「苦手な相手とはあまり関わりたくない」という気持ちから、ともすればおざなりになってしまいがちな報連相ですが、会社の人間関係をうまくやりたいと思うならば苦手な人に対してこそマメに報連相する必要があります。ここで注意しなければならないのは、この3つのうちどこに重きを置くかということ。そして、どのタイミングで行うかによっても、相手からの評価が違ってきます。むやみやたらに報告...
会社の“先輩”“後輩”の人間関係で悩んだら…
会社に入ってすぐは誰でも後輩ですが、2年目ともなれば新しい新入社員が入ってきますよね。自分はまだまだ会社で“1番下”のつもりでいても、周りからは「お前ももう、先輩なんだから」…なんてプレッシャーをかけられてしまったり…。しかし、仕事に慣れていくにつれて先輩らしい言動が板についてきますよね。いつも「はい、ハイ」と先輩の言うことを聞くことしかできなかった自分が、後輩に慕われる立場になれたということが妙に誇らしかったりするものです。でも、たまにはちょっと自分を振り返ってみてください。後輩との人間関係は...
こんなタイプとどう付き合う?会社の人間関係
“会社の悩み”といえば、やはり「人間関係」が最もポピュラー。特に、上司との人間関係にストレスを感じている方が多いようです。上司といっても、タイプは様々!パワハラタイプの上司もいれば、優柔不断でいじけたタイプの上司もいるでしょう。「上司との人間関係を改善すれば会社はもっと居心地の良い場所になるハズ!」と思っても、タイプによって対処法も全く異なるのです。ここでは、いくつか典型的なタイプについて、その攻略法をご紹介したいと思います。
“報告上手”は会社の人間関係で得をする
言わなきゃ、言わなきゃ…と思いつつも、言いにくい報告は後回しにしてしまいがちではありませんか?その間、なんとかうまくごまかす言い訳を考えたりして…(笑)。しかし、報告が遅れることはビジネスにおいて絶対的なタブー!悪いことであればあるほど、早めの報告が必要です。あなたに仕事を任せた上司は、口には出さないまでも「あの件はどうなっているんだろう」「本当に期日までに終わるんだろうか」とやきもきしているもの。こまめに報告していれば、上司も安心して心穏やかな状態でいられるのです。「悪いことを報告したら、上司...
能力を高めれば会社の人間関係も怖くない!
会社では、次にどんなチャンスが巡ってくるか分かりません。ひょっとしたら、いきなり海外の顧客を任されることになるかもしれませんし、全く新しい分野の担当を命じられることだってあり得ます。そうなると、英語を使って仕事をしなければならなくなるかもしれませんし、合格率の低い難関資格を取得しなければならなくなるかもしれません。会社員は、常に努力あるのみ!今の能力に満足せず、もっと能力を高めて会社の役に立つ人間になろうと努めることが求められます。会社で成功する人は、こういった努力を怠らないもの。だからこそ、部...
外国人社員と日本人社員との調和
近年、日本の会社でもグローバル化が進み、外国人の方を正社員として採用する企業も増えてきています。もちろん上層部の考えは分かりますが問題は、現場でのコミュニケーションです。もし自分のデスクの隣であったり、同じチームであったりした場合確実にコミュニケーションを取らなくてはならず、自分の対応を他の社員達も食い入る様に見ています。外国の方との接し方と周囲の人間関係はどのようなところに注意したらいいのでしょうか。相手の話を良く聞く事外国の方の一番難しいところは、文化の違いです。特に電話の取り方や仕方から違...
社内メールでの人間関係
会社での人間関係は非常に、仕事してく上で重要なものとなります。信頼感を持ち合わなければならない社内で、間違った事をしてしまうと一気に悪い噂がひろまります。その間違えの中で非常に気をつけたいのが「メール」です。現代の社会人において、メールはもうコミュニケーションのツールとしては必須と言えるでしょう。しかし、このメールでの失敗が後々大きく響いてくるので、是非気をつけたいところなのです。ここでは社内メールのポイントを紹介いたします。公私混合しない当然、社内で仕事のメールをする時はあらたまった態度でのメ...
現代の若い部下社員との接し方
社内での人間関係で悩んでいるのは新入社員だけではありません。実は、上司になった方の多くが人間関係に悩んでいる事が近頃増えてきているのです。上司になると、対等な立場でコミュニケーションがとれる方も少なくなりますし、部下への対応も気を使わなくてはなりません。しかも、昔に比べ最近の若い社員達への対応は非常に難しくなってきています。若い社員達への対応のポイントを挙げてみます。とにかく褒める近頃の若い社員達の場合、昔のように頭ごなしに言いつけても「なにくそ!」といって這い上がるようなモチベーションは、持ち...