もう悩まない!会社の人間関係

人間関係をうまくやるには技術が必要!

 インターネットで悩み事相談の掲示板などを見ていると、
会社の人間関係に関する悩みが非常に多いことに気付きます。

 

もちろん、人間関係の悩みは会社の中だけで起こるわけではありません。
幼稚園でさえ、人間関係のトラブルは発生するもの。
人が一人では生きていけない動物である限り、
人間関係の悩みからは逃れられないのです。

 

とはいえ、みんながみんな人間関係で悩んでいるわけではありませんよね。
会社の中を見回してみるとよく分かりますが、
社内の人間関係に翻弄されて精神的にクタクタな人もいれば、
年齢や性別によらず誰とでも良好な人間関係を築いている人もいます。

 

もちろん、誰からも好かれる天性の才能を持っている人もいますが、
人とうまくやっていける人の多くに共通しているのは
「人づきあいの技術」が身に着いているということ。

 

人づきあいに技術もテクニックもあるか!
…と思われるかもしれませんが、
人間関係を良くするには技術やコツがあるのです。
人間関係の対処技術を習得することによって、
あなたの会社でのストレスは大幅に緩和されることでしょう!

 

会社の人間関係で使える技術

人間関係がうまくいかないと、せっかくやりがいのある仕事をしていても
会社に行くのが気が重くなってしまいます。
人間関係の改善には、技術が必要。
ここでは、明日からでも使えそうな技術を抜粋してご紹介しましょう。

 

 

●怒られ上手になろう
「叱責」は、“怒られるほう”はもちろんのこと、
“怒るほう”にとっても気分が良いものではありません。
しかし、人間関係が上手な人には“怒られ上手”な人が多いんです!

 

まず、早いタイミングで自分の非を認めること。
謝るタイミングを見計らって、
相手の怒りがピークに達する前に謝ってしまいましょう。

 

そして、あくまでも冷静に。
反論はますます相手を感情的にさせますし、
必要以上に委縮し過ぎるのも相手に良い印象を与えません。

 

そして最後に、落ち込み過ぎないこと。怒られても、数時間後には
相手と笑って話しができるような関係を目指しましょう。

 

 

●自分を良く見せようとしないこと
会社での人間関係を良くしようとして、ついやってしまうのが
「自分を良く見せよう」と背伸びすること。
本当は知らないのに「知っています」と言ってしまったり、
できないことを「できます」と言って引きうけてしまったり…。
しかし、これは逆にあなたの信用を失う結果にもなり兼ねません。

 

ポイントは、「知らない・できないけれども、あなたの役に立ちたいと思っていますよ」という誠意を見せること!

 

例えば、「私は存知ませんが、○○さんなら知っていると思いますので、
連絡をとりましょうか?」
「すぐにお調べてして、こちらから折り返します」といった具合に、
代替案を提示すると良いでしょう。

 

言い方や態度一つで、周りの人があなたに対して抱く感情は
大きく変わってくるのです。
これも、人間関係を良くするための技術の一つ!

 

 

●いつでも理性を忘れない
感情的に怒られたり、理不尽な要求を突きつけられたりすると、
どうしても感情的になってしまいがち。

 

しかし、それでは物事の解決にはなりません。
どんな時も、まず、相手の話を良く聞いて
相手の要求していることを冷静な目で理解すること!
相手が自分に何を求めているのかをしっかり見極めましょう。
すぐに反論したり、自分の意見ばかりを口に出すのは、トラブルの元です。

人間関係を良くする技術を本で学ぼう!

人間関係の悩みは、生きている限り一生ついて回るもの。
誰にでも起こりえる悩みだからこそ、
人間関係を解決する技術を紹介した書籍は古今東西、数多く出版されています。

 

ここでは、筆者のオススメの書籍を紹介します。

 

人間関係をよくする技術 川野 洋 (著)
「会社での人間関係に悩んでいる」
「職場になじめない」
「仕事がどうもうまくいかない」
…そんなお悩みをお持ちの方にぜひご一読いただきたい一冊です。
著者は、IBMの人財ソリューション会社で研修を担当している、
いわば“人間関係改善のプロ”
単なるハウツー本ではなく、
実際の職場で実践できる技術が詰まっています◎

 

 

「できる人」の話し方&人間関係の作り方
〜なぜか好印象を与える人の技術と習慣〜 箱田 忠昭  (著)

 

人間関係の先駆者として知られる
デール・カーネギー氏の著作に書いてあることが、
わかりやすく簡単にまとめられた一冊です。
CD付きで非常に実践的なので、
「なんでもまずは試してみたい」という方にオススメ☆

関連記事