もう悩まない!会社の人間関係

なぜ会社の人間関係で悩むのか

「人間関係で悩んだことが一度もない」という人も珍しいでしょう。
特に会社の人間関係でストレスを感じている人は多いことと思います。

 

それはなぜか?

 

採用試験で会社は選べても、そこで働く人間までは選べないから。
求人の広告では、よく
「仲の良い職場です」
「和気あいあいとした職場です」
などと紹介されているのを目にしますが、
実際に入社してみなければ実際のところは分からないのです。

 

毎日、家族よりも長い時間顔を合わせる人達なのに“自分では選べない”
…この理不尽さが、会社の人間関係が悩みの種になる原因の一つなのです。

 

また、会社には年齢や性格、考え方、ライフスタイルなど
自分とは全く共通点のない人達がたくさんいます。

 

そういった人間たちの利害関係が複雑に絡み合っているわけですから、
会社の人間関係が仕事の内容以上に悩みの種になるのは仕方がないこと。
どんなに話し合っても分かり会えない相手も出てくるわけです。

 

会社の人間関係は、
友達や家族との人間関係とは“別物”として捉えるのがベターでしょう。

会社の人間関係は計算通りにはいかない

会社では、良かれと思ってやったことが裏目に出て誤解されてしまったり、
何気ない一言で上司に気に入られてしまったり…と、
計算通りにはいかないことがたくさんあります。

 

何が起こるか分からないという意味では、
チャンスもトラブルも背中合わせ!
「仕事の中身よりも人間関係が悩みの種」と言う人が多いのもうなずける話ですよね。

 

予想不可能な会社での人間関係を自分に有利な方向に運ばせるためには、
「こうすれば良かった」
「こうしたから良かったのか」
…という経験を積み重ねていくしかありません。

 

過去の失敗を元に自分を改めたり、
新しい対人スキルを身に付けたりしていけば、
人間関係にビクビクすることも少なくなっていくでしょう。

 

また、他人の失敗や成功を参考にすることも大切です。
人間関係が悩みなのは誰でも同じ。
対人スキルの高い人から技を盗むくらいのつもりで、
常にアンテナを張り巡らしておきましょう。

先人の教えを学ぼう

会社の人間関係が悩みなのはあなただけではありません。
あなたの上司だって同僚だって、同じように人間関係で悩んでいるはず
相談をもちかけると、「俺もあの人のことで悩んでたんだよ〜」
…なんて意気投合することもあるかもしれません。

 

会社の人間関係を円満にするための一つの手段としてオススメしたいのが、
先人の教えやことわざを参考にすること。
人間関係に関する悩みは昔からあったわけですから、過去の偉人たちが
どのようにして人間関係の悩みを克服していたのかを知ることは大変参考になります。

 

例えば、人間関係の先駆者として知られるデール・カーネギー氏の著作には、
人間関係改善のコツが豊富に盛り込まれています。
代表作であるベストセラー・『人を動かす』には、人間関係の秘訣が満載!

 

日本でも評価が高く、
「経営者が勧める本」に名を連ねる機会も多いようです。

 

会社の人間関係に行き詰まり、
「人には相談できない」
「自分では解決策が見つからない」
…という“にっちもさっちもいかない”状態になってしまった場合は、
こういった本に救いを求めてみてはいかがでしょうか?

関連記事