もう悩まない!会社の人間関係

改善しようとして焦ると逆効果

会社勤めをしていると、ちょっとした行き違いから
思いもよらない人間関係のトラブルに巻き込まれてしまうことってありますよね。

 

会社は、たくさんの人、部署から成る組織。
会社の一員として働いてお金をもらっている以上、
誰とも関わらずに仕事ができるということはあり得ません。
あなたの前工程に人がいれば、後工程の人もいるのです。
自分が、大きな人間関係の中の一部であることを忘れてしまっては、
“良い仕事”はできないのではないでしょうか。

 

しかし、そうは言っても、それだけ多くの人が集まれば
自分と“合う”人もいいれば“合わない”人もいるはずです。
人間関係が複雑過ぎてついていけない、
なんだかよく分からないけど怒らせてしまったみたいだ…と、
悩むことも多いことでしょう。

 

では、会社の一員として、面倒な人間関係の中でどのように立ち振る舞っていけば
毎日を気分よく過ごすことができるのでしょうか?

 

これは、会社員にとっての永遠のテーマですよね(笑)。

 

極論を言えば、会社の雰囲気が自分に合わない場合や
人間関係がこじれてしまった場合、
無理に合わせようとしたり関係を改善したりしようとする必要はありません。

 

頑張り過ぎると、空回りするばかり。
まずは肩の力を抜いて自然体でいることが人間関係改善のコツです。

まずは仕事で信用を取り戻す

会社の人間関係で失敗してしまった場合、
それが仕事に関するものであればなおさら、
信用を取り戻すのは難しいと思います。

 

こじれてしまった人間関係を改善するためには、
とにかく誠実&確実な仕事をして信用を取り戻すことです。
結果を出せば、自ずとあなたに対する信頼も回復し、
人間関係は改善してくるハズ。

 

会社という場は、
「仕事ができるか、できないか」でその人の価値を判断されてしまうという、
非常にシビアな場所でもあるのです。

 

人間関係の改善ばかりに気を取られ、
できもしないことを安請け合いするのはNG!

 

「結局できませんでした」では、ますます信用を失ってしまうことになるでしょう。

 

仕事の質を高めること、
これは会社での人間関係を改善する上は重要なポイントとなります。

自分を変えるか?環境を変えるか?

ある調査結果によると、会社の人間関係で悩んでいる人は、
2つのタイプに分けられるのだそうです。

 

1つ目のタイプは、
自分はどの会社でも人間関係がうまく築けない」という人。

 

2つ目は、
今までは人間関係で悩んだことなんてなかったのに、
今の職場になって急に人間関係がうまくいかなくなった
…というタイプ。

 

前者の場合は、“自分を変える”ことで人間関係が改善する傾向があるのに対し、
後者は環境を変えることで問題が解決する傾向があるのだとか。

 

つまり、人間関係を改善しようと思ったら
「自分を変えるか」、「環境を変えるか」
どちらか行動を起こさなければならないということです。

 

言うまでもありませんが、他人の性格や心を変えるのは難しいことです。
ですから、相手を変えようとするよりも自分を変えた方が
人間関係のトラブルは解決しやすいもの。

 

自分一人ではどうしたら良いか分からない、
自分に非があるのかどうか分からないという場合は、
誰かに相談してみるのも良いでしょう。

 

あなたの置かれた状況を客観的に判断してもらうことで、
答えが見えてくるかもしれません。

 

自分を変えるにしても、まず、客観的に自分を見ること。
そうしなければ、 自分を取り囲む人間関係を改善するために
何が足りないのかを見極めることもできないのですから。

関連記事